おまとめローン審査

おまとめローン審査基準を知っておく

MENU
RSS

おまとめローン審査基準を知っておく

おまとめローンは借入希望額が大きくなるのとなどから、一般のキャッシングの申込より審査が厳しくなります。
しかし、審査が難しくなったとしても審査内容や審査基準がわかれば、それに対して準備をしておけば審査が通りやすくなることもあります。

 

「申込書と個人情報をもとに審査がおこなわれる」

審査は、申込書に記入した内容と信用情報機関の個人情報をもとにして審査をおこないます。
スコアリングシステムはコンピュータを使ってそれぞれの項目に点数を付けていきます。
それぞれの金融機関は過去の顧客から独自の審査データをまとめているので、
勤務先や勤務年数、年収、年齢、性別、家族構成など、申込書に記入した内容に一番近い過去の利用者のデータを探し出し、信用情報機関の個人情報なども含めて、それぞれの項目に点数を付けていきます。
点数が高ければ属性が高いと判断されますし、点数が満たない場合は融資を断られる場合もあります。

 

「審査に通らない理由を知っておく」

キャッシングは本人の信用度だけでお金を貸すので、申込者にどれくらいの信用度があるかが重要で、申込書の記入ミスや記入漏れで審査に通らない理由が最も多いと言われています。
仮にわざとでなくても、記入ミスがあると担当者から見れば「ウソの記載をしている」ともとられかねません。
特に消費者金融でまとめる場合は収入証明書類なども必要になりますので、提出前に、申込書の記入内容が本人確認書類や収入証明書類に記載されている内容と違っていないかを確認することが重要です。

 

審査で重要なのは借入件数も重視されます。
借入件数が多い場合は現在利用中のキャッシング会社で「プチおまとめ」をして借入件数を減らしておきましょう。
そのためにも、利用しないクレジットカードや使っていないキャッシングは解約をするということで借入件数を減らすことができます。
また、重要視される項目として、勤続年数が重要になります。
一般ローンの審査も同じですが、同じ勤務先の勤務年数は長ければ長いほどそれだけ安定した収入もあり、社会的ン信頼度も高いということで審査に有利になりますが、反対にいくら年収が高くても勤続年数が短ければ不利になります。
とくにおまとめローンなどを申込むときは、勤続年数を長くしてから申込むことも考えなければなりません。

 

審査通りやすくするためには、時間が必要な場合もあります。
おまとめローンはあわてて申込をするのではなく、審査に通りやすい条件がそろってから申込をするのがポイントになります。
詳細は・・・確実に審査を突破する!おまとめローン審査の極意

オリックス銀行のおまとめローン

キャッシングを始めたころは計画的な利用を心がけているのですが、どこかでリズムがくるってしまい、新たな借入をすることで借金が増えてしまうことがあります。
借入が増えてしまうと、これまでの返済とは比較にならないほど大きな負担になり、毎月の返済をどうやって乗り切るか、金の返済に追われる苦しい毎日となってしまいます。
しかし、いつまでもこういった生活を続けられませんし、どこかで立て直しをしなければ、悪い流れを断ち切ることはできません。
そのためにもおまとめローンなどを利用して、返済計画の立て直しをする必要があります。

 

「オリックス銀行カードローンでまとめる」

金利は限度額が大きくなると金利が低くなります。
オリックス銀行カードローンは金利3,0%〜17,8%、融資限度額は最大で800万円という大型融資が可能で、300万円以下の借入希望額が300万円は不要といったカードローンです。
オリックス銀行カードローンの上限金利は17,8%と消費者金融とさほど変わりはありませんが、下限金利が3,0%と他行と比べてもかなり低めの金利になっているので高額融資になればなるほど金利が低くなります。
たとえば消費者金融で50万円ずつ3社から借りているとした場合、金利は上限金利の18,0%で借りていると思います。
この例で計算すると消費者金融で1カ月借りた場合の利息は22,200円になりますが、オリックス銀行カードローンは7,400円〜多くても15,780円に下がります。
オリックス銀行カードローンでひとつにまとめると金利は6,0%〜12,8%なので、5,2%〜12,0%金利を下げることができます。

 

「利息を減らしてゆとりのある返済を」

今まで多くの利息を支払い続けていたかたは、オリックス銀行カードローンを、おまとめで利用できれば利息を減らすことができます。
利息が減ればこれまでと同じ返済額で返済を続けるつもりなら、返済期間が短くなり、総返済金額が少なくなり完済が早く終わるようになります。
また毎日返済で終れていた苦しみから、新たな返済計画を立てることで、生活に余裕のある返済が続けられるようになります。

 

多くの借り入れによって既に支払いが送れるようになってしまったかたは、おまとめの申込みをしても審査に通るのが厳しくなります。
おまとめローンは返済が続けられている間に申込をすることがポイントですが、すでにそうなってしまったかたは、任意整理を考えるのも選択肢のひとつと言えます。